スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい彼を楽しみに。。。

私はざっそうさんの1.17付ユーロ棄権を伝える新聞の訳を読んで最初に思ったことを前の記事で書きました。
休養して他のことをするのはいいことだと、最初に素直に思いました。
彼のために、彼自身の人生だから思うように、
そして彼のスケートにもより幅ができる、と思ったからです。

でも、えらそうに書いてごめんなさい、
でも実は、書いた後で、私はぼろぼろの状態でした。
自分を落ち着かせるためでもありました。

そのあと、不安や恐怖が頭の中が渦巻き、大きな悲しみが襲ってきていました、、、、、
私は素人でスケートの世界のことはよくわからないのですが、
この休養=大きな試合を棄権することがどういうことなのか、急に不安になったのです。
私は何にも知らなくて軽々とそういうふうに思っちゃったのかな、、、
そう思ってよかったのだろうか、、、
実際はショーのことだけでなく、彼にとって本当にいい状況を生むのだろうか、、、と愕然としたり。

私たちも今後彼と彼のスケートを見る場を失うのか…
そして彼が東京に来ないことを考えると、
やっぱり東京で生で見たいし、会いたいので、すごく寂しくなりました。ユーロとワールドで見れるはずだった彼と、そしてSPとFSのプログラムが見れない、
もしかして何年も、もしかしてずーっと?見れない、と思うと、
言い知れぬ恐ろしい悲しみが襲ってくるのでした。

この後、私はこの自分の状態を脱したくて最後の望みをワールドに賭けようと思いました。
周りの暖かい人たち、世界中のファンのためになら情熱を燃やすことができるのではないかと。
もしかして…。一回だけ、お願い…。と思う最後の希望的な心が大きくなってきてしまいました。
《もちろんもし彼がワールドに戻ってくれればこんなに嬉しいことはない!!!!!》

この間、TSUGUMIさんとざっそうさんの訳で、
お母様、コーチ、フィジカルコーチ、ファンクラブ、ザクソン村のワルシャワに行く応援団の皆さん、スポーツサイコロジストさん・・・
のお話を読ませていただきました。(ありがとうございます)

世界中のファンが期待をしていることは彼は百も承知ですよね。
そのために、ここ数ヶ月、きっとモチベーションを上げよう、新しいプログラムを皆に見せようと頑張りすぎてしまったのだから。
それに、・・・しなくては!という義務感で、内から湧き出るもののない彼のスケートはあり得ないのでした。

ある女子プロテニスプレーヤーは3年かかったんですね(@@)
10代で頂点に達してしまった彼女。
でもまたコートに戻って来た時、
新しい彼女は、
大人になって、別人のように美しくなった、と思いました。
外見だけでなく、内から発するものからの美しさを感じました。
(彼女はスイス在住ですね。 )

ステファンが戻ってくるのに何年かかるか、数ヶ月か、わかりませんが、
試合は出ないけど、ショーには出るのかわかりませんが、
リンクに戻ってきた時に、
新しい彼、どんな素敵な男性になっているのが楽しみにもなってきました。

スケカナのフリーを見ました。単に「四季」が見たかったから。
その前にトリノのフリーを見ていました。トリノは演技に鬼気迫るものを感じました。
スケカナのフリーは、ただただ一生懸命後手後手にこなしているような気がしました。
どこか、おかしかったです。
その時はわからなかったけど、氷に心がなかったことに気がつきました。
やらなきゃ!の気持ちはよくわかりましたが(ほんとよく頑張ったと思う)、覇気は薄く、体が動かないようでした。
カナダの時からすでに悩んでいたのですね。
体の調子が悪いのかと思っていましたが(解説は練習不足と言っていたが)、精神的な問題だったのですね。
それが運よいのか悪いのか優勝してしまった(笑)
(これがメタメタな結果だったら、悔しくてまたその後のモチベーションも違ったんでしょうかねえ?)

結局、最初に自分が書いたことに戻るのでした(笑)
でも今度は納得した戻り方となりました。

昨日スケカナの彼を見て、本当に、これではいけない、と思いました。
彼自身もそう思ったから、こういう決断になったのでしょう。
今まで私は愛を送りながら、彼のファンへの愛を求めていました。
頑張って!と言っては、結局求めていました。
今まで彼と彼の精神力に甘えてました。
たった21歳のひとりの普通の人間、青年なのに。
甘えて、求めるのはやめよう。
彼が、この先、自分から、自分の中から、動き始めるのを待ちます。
彼が自分から、心から、自然に、周りの人、ファンに愛を与えられる、
心から湧き出るものいっぱい表現できる、自分がそれに喜びを心から感じることのできるようになるまで、
待とう。
強くなろう。

と、自分に言い聞かせています。
と、昨日やっとこやっとこ、この境地に達したところです(笑)

そして、嬉しいことに、
1.21付の彼のインタビューが、ざっそうさんより贈られてきました!!
(ありがとうございます!)
やっとやっとこの境地に達した、自分の気持ちを、また押してくれました。

私は昔からのファンでないのでよく知らないのですが、
今回大学に行くかもしれないと聞いた時、
優勝した2005GPFのフリー演技の時に、アナウンサーが
「彼は一念発起して学業の方を休んでこのオリンピックシーズンに臨んだ」と
言っていました。(日本のアナだから当てにならないのにね;)
ということは、また戻るの?と思ったのを思い出しました。
でもオリンピック済んでも続けているから、
そんなことはないのねスケートに生きるのね、と思ってそのことはずーっと忘れていました。
雑誌で読んだ記事で、医者になりたかったけどスケートの練習で時間が取れないので諦めたというのも思い出しました。
(追記:教えていただきました。2004年の初夏に無事高校を卒業してそのあと大学に入学手続きをして毎週15時間は大学の講義を聞くんだ!と頑張っていたけれど 結局続けられなくなって休学届けを出したそうです。今でも休学中なのかもしれません。2006年6月29日現在は休学中になっています。建築科に席をおいていたようです。医学部はお姉さんの勉強っぷりを見て、「こりゃ、無理だ」と思ったそうです。)
オリンピックで銀、ワールドでまた優勝して、その後のまた忙しい生活。とても素晴らしいことだったでしょうが、もしかして自分の望む方向と少ーし違っていたのかもしれないですねえ。振り返る時間がなかったと言っていますが、忙しくて本当に考える時間はなかったと思います。

これからの色々な経験、勉強が、彼をより人間として素敵な男性にさせ、必ず彼に火をつけてくれます!!

大きな穴に心ではまだまだ泣くこともあるかもしれない
(いや、たくさん泣くでしょう)けど、
新しい彼を楽しみに
新しい彼が、うん、必ずいい男になって戻って来ることを信じているから、

今はそっと、心の中で、ステファンに、アレ~~~!!

私たちも「その時」まで、楽しみに待って、がんばりましょう~~~

・・山あり谷ありは覚悟していましたが、
数日の間に、感激したり、笑ったり、悲しんで泣いたり、また笑えるようになったり、また泣いたり・・・ まあ忙しいことで!!(笑)

今日親友に会いました。
「ステファン、CM出てるね!すごいね。着ている服でわかったよ~」と言われて、
「うん、でもね、大変なことも持ち上がっていてね…。」
「でも、そうやって心配させるところもかわいいんでしょ~!」と言われました(笑)
確かに。。。
泣いて、笑って、泣いて、でもやっぱりそこが好き~~~ってことで。。。
もっと彼が好きになったのは、私だけではありませんよね?!

新しい彼の素晴らしい芸術、新しい試みのプログラム、
全ての人に見てもらって「こんなにすごいんだよ!」と言いたい。
今は、「彼はこんなに素敵な人間なんだよ!」と胸を張って言うことができます。
フラメンコ見てもらうのは、ちょっとお預けということで、ね。

長くなってすみません。読んで下さってありがとうございました。

スポンサーサイト
12 | 2007/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てんびん座

Author:てんびん座

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。