スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の演技

先の記事とだぶりますが、すみません。

大変な怪我を押して滑ったとは思えない演技。
そんなこととはつゆ知らず、
私は2公演を心から楽しんでいました。

怪我をしているとは噂では聞いていても深刻な事情など知る由もない私は、
公演前、生バイオリンといえば「四季」でしょう~なんて勝手に想像を膨らましていました。
COIが開幕し、
DOIでナハロさんとのコラボ・フラメンコを生で見ていない私でも、
え??またフラメンコ??1プロ??・・・
ジョニーと同じ格のステファンが、怪我の影響もあるとしたら仕方ないなあ~
なんて思ってしまったものでしたが、
(ゴメンナサイ~知らないことは怖ろしい・・・)
ちゃんと来日して氷上に立ち、
久しぶりに見た闘牛士で登場したステファンは、思わず「おお、かっこいい!」と
つい口から出てしまうほど、いい顔をしていたし、
(少なくとも最終日は)確かにジャンプは難しいものではないが失敗もなく、
クリーンな、心の入った素晴らしいフラメンコで、
怪我は大したことないのかな~とだいぶ安心しながら、
大満足して帰ったものでした。
数週間練習していないような人が滑った演技とは、今でも信じられない。

まずジョニーが2プログラムとも、非の打ち所のない、とても素晴らしい、美しい演技を披露。
自信もついて、今本当にキラキラしている。まぶしい~~
白鳥が見れたのは幸運~。その白鳥はトリノの時より数段進化していて実に素晴らしかった。
あ~このジョニーの2プロのあと、ステファンを見たら一体どう思うのだろうか・・と内心心配しながら、彼の登場を待った。
しかし、とんでもない!
ステファンはかっこよかった!フラメンコ素晴らしかった!
観客を射るような視線、ナハロさんとの気合のかけあい、
本当に魂が入っている!
そして最後の弧を描くストレートラインも新鮮で素晴らしかった。
特に運よく2回とも正面だったので、いい顔アップ劇場を見れたようで、「かっこいい」連発。
心ではいつも気にかけていても、しばらくステファンから遠ざかっていたので、
ステファンを再び「素敵」と感じることができて、私にはそれが本当に嬉しかった。

本来なら休演するところを滑ってくれた彼の1プログラム。
あのハードなフラメンコをそれを素晴らしく滑ったことに驚きます。
私たち、また彼のいざと言うときの底力をみせてもらったんですね。

ステファンの闘牛士ぶりはかっこよかったし、かわいかったし(笑)、
(ファンなので許してください)
自分の周りでくるくる回すマントの翻し方は少しは練習したように見えて、
丁寧にマントをつかんでやっていたのが個人的には好印象でした。
さすがフラメンコで鍛えられているので、姿勢、ポーズに形はいいですし、
群舞でもすぐ彼がわかります。
闘牛の後に抱えられて周回するときの表情は、ヨイショされるのがもとより好きな
彼ですから(笑)ご満悦でかわいいです。
最後(コパカバーナ←懐かしい~)はもうノリノリで、常に肩が動いていましたね(笑)

闘牛士もフラメンコも見にこられない多くの皆さんにも見て欲しかったと心から思います。
どうしてショーとして全部映像に残してくれなかったのでしょうか。
あのチュッキョ・・・では短すぎますよね(泣)

そうなんですよね、あとから思うに、
フラメンコの気迫のこもった演技は、心の演技でした。
思うようにショーで披露できないという心が1プログラムのフラメンコに集中して、
彼にあの力を出させたような。
その力を見れた幸運。
そんな幸運に再び出会うことができて本当に幸せでした。


他の出演者の感想はまた。



*追記、、、怪我をしていて辛いステファン、勝手な書き方でごめんなさい。
感動と感謝の気持ちを送りながら、よくなりますようにと祈ります。。。


スポンサーサイト

感謝の気持ちをこめて

COI最終日の2公演に行ってきました。

その前に、少し前置きを・・・
大変ご無沙汰しておりました。
こちらをしばらくお休みしている間に(笑)、この夏は北京オリンピックや全米オープンテニスなど一生懸命見ていまして、
多くのスポーツ選手の姿を見てきました。
どの競技も、世界レベルの技や、それをコントロールする人間の精神力は常に進化していて、
トップに立つにはその進化についていく、リードする力(体力・精神力・知力)が必要なのだと、改めて感じたわけですが、

私にとって何が心に響くのか、何を見るのが好きなのかと考えると、
やはり選手たちの様々な表情、笑顔、泣き顔、つまり「いい顔」でしょうか。
(それでいちいち感激するしょうもない私です、笑)
勝った者の表情はどんな選手も素晴らしい!
負けても力を出し切った選手の表情も素敵!
悔しがる選手の表情も素敵、、、です。

どのスポーツの世界でも感じるキーワードは、
あきらめない、信じて強い気持ちを持つ(モチベーション)、負けて強くなる、
そして、ここぞと言う時。

そんな気持ちの下での練習=ハードな練習を乗り越えた時に
また心身ともに強くなる(自信が持てる)。

テレビを見ながらそんなことを考えるとき、
いつもステファンを重ね合わせながら、いつかそんな日が・・・ということ、
アメリカで頑張っているのだということ、が頭をよぎっていました。
噂で怪我をしている?と聞いてからは少し心配しながらも。

ステファンが公式HPで怪我の詳細を発表したことは、
この夏、怪我でリタイヤしたり調子悪かった選手の姿も数々見てきたばかりなので、本当に身につまされます。
ハードな練習は怪我と隣り合わせ。
本当に難しいです。

ステファン自身が精神的に一番きついのだと思います。
でも彼はいつも前向き。
これが私たちが信じるステファン。

先が見えなくて心配だけど心配ばかりはしていません。
決して暗い気分でないし、希望を持っています!!

そんな希望を持たせてくれるのは、前向きなステファンだから。
そして、実際に見たCOIの彼の演技が、希望のしるしです。

怪我を押してCOIに出たことは賛否両論あるとは思います。
彼は、自分がキャンセルしてファンをがっかりさせたくない、
好きなショーでエネルギーをもらいたい、
なんてその気持ちを想像してみるのですが、COIを見た日本人だから言えるのかもしれません。

ステファンが魂のこもった演技をして、その演技に私たちは感動したし、
視線にも、ポーズにも、射抜かれて、思わず「かっこいい~ブラヴォ~」って叫んでしまっていました。
私たちはその気持ちを真っ直ぐに伝えられたと思う。
しかしその時はそんなに重症であるとは知らなかったんですよね。
難しいジャンプは跳んでないけど、(私の見た最終日は)失敗もなく、
何よりプログラムに心がこもっていた。
東京ワールドの演技以来かもしれない。

そんな怪我をしているとは思えない演技、
そんな状態で、あのハードなフラメンコを素晴らしく滑ったことに、驚かずにはいられません。
今から考えると、
体の分、心で!!と思って滑っていたのか、、、
来たからにはやりとげる!!と思って滑っていたのか、、、
ケガは本当に嫌ですが、
彼は何事かあって、ギリギリ・スレスレの緊張感がある時、
逆境にいる時、そう、いざと言う時、凄い力を出すのですね。
今までも何度かそうだったと思いますが、今回もそうでした。
彼自身もまた逆境からつかんだものもあったでしょうか。

ステファンが、怪我をしていることで暗い気分を感じているのならそれを少しでも吹き払い、
ファンやショーのエネルギーをもらって、実際に何かをまたつかんで、
喜んで帰ってくれたなら、
何よりも嬉しいと思っています。

そして、怪我を押してCOIに出てくれたこと、
魂のこもった演技で私たちを感動させてくれたこと、
あらためて「かっこいい!!」と私たちに認識させてくれたこと(笑)、
怪我を押して素晴らしい演技の出来るステファンの凄い力を見せてくれたこと、
その前向きさに私たちもエネルギーをもらったこと、
ステファンの演技に満足して帰宅できたこと(笑)、
に感謝します。

申し訳ない、、なんてとんでもない、そんな風に思わないでほしいですよね。

そんな感謝の気持ちをこめて、
拙宅からハートのバラの花束を。。。
メルシー、ステファン。。。

上がったり下がったりはこちらも鍛えられています。
どんな未来が訪れるのかはわかりませんが、彼の判断を信頼し、
信じてついて行くのみ。
ステファンが怪我をゆっくり治し焦らず心身をあたため日々を送って行けることを祈りながら、
いつも日本から応援しています。
みんなで元気に応援しましょう!!
アレ~!ステファン!!

07 | 2008/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Author:てんびん座

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。