スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょとした勝手なつぶやき

昨日のまおちゃんを見て、
前半に、緊張の中難度の高いジャンプに2回挑戦し、
後半に、必死で心と体を奮い立たせ、頑張る姿、
ステファンと重なるものがあった。
2人とも負けず嫌いの挑戦的なアスリートであり、
結果(順位)よりも自分の思い描いていた通りの演技ができなかったことを一番悔いている。

「長かった、あっという間だった」という彼女の言葉が、
ステファンもまさにそうだったんだろうなあと想像させた。

勝つためのプログラムの緻密な作り方と
自分を高めながら、心をこめたプログラムの作り方、
男女ともに明暗を分けた今回のオリンピックだったのだと思った。
前者のやり方で、十分に練習し、大舞台で実行できることは、本当に大変な努力であり、
素晴らしいと思う。
これからのフィギュア界はどちらの方向へ?
しかし、後者で滑りたい選手は、きっと前者のようなことはできないのだと思う。
スポンサーサイト

心からの拍手を!

ステファンのアスリート魂をSPで感じ、
私も彼の気持ちをFSではっきりと感じました。
演技後にひしひし感じたことは、いつもの表現者ではなく、
アスリートとなっていたステファンだった、ということ。

口に出してはなかなか言えないことだったのだけど、
ステファンのインタビューが出て、彼の言葉からも彼が感じているように、
いつものような演技で笑顔が見られたら私たちはもう幸せだった、と。

でも、オリンピックのフィギュアスケートは競技には違いなく、
技術と芸術のバランスが本当に難しい競技だと実感します。
ステファンは技術と芸術のバランスを体現できるスケーターだと思います。
健康でさえあればもっと体現できたことなんですが。
このフィギュア界を、4回転やスピン、ステップの技術も、芸術性も、
引っ張ってきた、素晴らしい、宝のようなスケーターです。

テルも椿姫も本当に綺麗で素敵なプログラム!!
バンクーバーでは最高とはならなかったけど、素敵なプログラムには変わりはないです。
彼の目標とする芸術性あふれた作品です。
2つのプログラムを見れて、やはり嬉しいことでした。

オリンピックに向かって再び挑んだステファン、
真剣な姿は素敵です。美しかったです。
そんな姿を見ることができて、さすがオリンピックでした。
アスリートとして努力し果敢に挑戦し、一生懸命頑張った。
その姿は素敵だった。素晴らしかった。
そんなステファンを見れてやっぱり幸せだったんです。

だから、ステファンに、このチャレンジと、十分にできなかったことを悲しまないでほしい、と。
(すみません、そんな偉そうなこと言ってる自分にも言ってきたことです。)

怪我のことは、その苦労は、本人と周りのスタッフしかわからない大変なことだと思います。
ファンも少し知ってるだけで、そんなファン以外は、特に日本人はほとんど知らないことです。
この4年間の、いやそれ以前からの、一連の彼の苦労を理解できるのは、家族、スタッフ、
そして少しだけわかるファンだけなんですね。
でも、悩みながらも、そんな苦労を苦労とせず、目標を持ち、前向きに頑張ってきた、
彼のここまでの怪我と闘いながらの多大な努力を、
スタッフの力を、
あらためて心から讃えます。
ファンだからこそわかることなので、彼のスケーターとしての功績に自負を持ち、
アスリートとして真剣に戦った彼に拍手を送りましょう。

これからも、ステファンの幸せを祈ります。


◇追記

今回のフリーでステファンを初めて見た(確認できた)という友人から「最後のスピン凄かったね!!」とメールをもらいました。
そうなんです、最後の最後まで力を出し切った!
大変なジャンプもやりきったし、全力で懸命に頑張った!
体力が消耗し思うようにできなかったという思いはあるだろうけど、
そのような中で最後の最後まで気力で滑りきったことを、
精一杯滑った自分を自負してほしいです。
試合前は楽しんで優雅な演技をと思っていたけど、
どちらがステファンらしいか、と思うと、
やっぱり一生懸命ギリギリなステファンの方がステファンらしいのだ。
決めたことに全力で立ち向かう人であり、
余裕を自ら持つような、ジャンプ構成を変えるような人ではない。
これぞステファン。
私はそんなステファンだからこそ好きなんだと
あらためて感じるのでした。

アスリートとしてのオリンピック

バンクーバー、
やはりオリンピックはショーではない、
勝負なのだ、真剣勝負なのだ、、と実感し、そう思うと、
ほろ苦いものになってしまったかもしれない。
確かに私も勝負だけを見ると、とても悔しいし、
ステファン本人の悔しさもどのようなものかと思うとたまらなくなる。

でも、怪我が治らないまま、怪我をおして、努力してここまで来たあなたに
最高の賛辞を送りたいと思う。

しかも、4回転を2回跳んだのは、必要とはいえ、
なかなかできるものではないのだ。
途中のステップでも、笑顔を、笑顔を、願っていたが、
緊張感の中、2回のジャンプはどれだけの体力を奪うものか・・・

決してそんなに悪くはなかったのに、
ステファンのアスリート魂は許さなかったの?
そんな自分の演技が許せないステファンに、
何も言えないのだけど、

ここまで、自分の、そして周りのスタッフの努力、
ファンたちの応援、すべて
ここまで来れたこと、本当に素晴らしいこと。

芸術性も、この4年間、ステファンを始め男子スケーターが磨いてきたこと、
ステファンの功績は他の選手とともにとても大きいと思っている。

オリンピックでのアスリートとしてのステファンは、やっぱり真剣で素敵だった。

そんな一生懸命な姿を見せてくれて、本当にありがとう。。。
ごくろうさま、とねぎらうことしかできないけど、
やっぱりステファンのファンでよかった。。。

エキシビションでは思う存分ショーでの表現者ステファンになって
自由に、のびやかに、滑る姿を楽しみにしています!!

いつまでも、いつも応援しています!!

芸術性の評価

まず、無事リンクに立てて良かった。
SP、緊張感は伝わってきましたが、
緊張感との戦いの中、本当によく踏ん張って頑張ったと思います。
4回転の着氷の踏ん張りと次の2回転に繋げられた頑張りが呼び込んだ結果だと思いました。
またもや、心の強さ、絶対降りてやるという意思の強さ、ここで絶対!という脳の強さ、
を感じました。

以前に同じようなことがありました。06スケートカナダ、あれは第1ジャンプが失敗してもすぐに立て直し3回転のコンビネーションにした踏ん張りが呼び込んだ優勝だと感じたことがありました(私の感覚です)。

もちろんテルの滑りはとても素敵でしたし、
ノッていて、いい表情をしていました

他の選手が良かったり、良くなかったりで、分かりにくいですが、
ステファン、自己ベストで、PCSも自己ベスト、30人中1番!!
曲の解釈は9点台が出ていました(拍手!!)

オリンピック点も多少あるのかもしれませんが、
トリノのプルシェンコ選手のオーラ点のようなものは、今回のバンクーバーでは無くなって、
芸術性がちゃんと評価されてたと思います。

この4年間に、ステファンを始め、他の素敵な男子選手たちが皆自分の個性を出して芸術性を磨いてきたからなのだと感じます。

やっと芸術性が評価され、技術点と肩を並べて、点が出るようになってきて嬉しいです。
解説で本田さんも言っていたけど、スピンの加点だけでジャンプ1個分の点になると。
同様に、芸術点でジャンプ1個分くらいの点になるようになって、
やっとですが、嬉しいです。
ステファンは、怪我のため技術点を伸ばすことができない場合もあるかもしれないけど、
これでやっと互角に戦える、と思いました。
(本当はもうちょっと出てほしい!、笑)

ステファンが今まで目指してきた、フィギュアスケートの技術と芸術の融合が、
こうして、オリンピックの舞台で披露できることを、
それを見ることができることを、
私は、嬉しく、幸せに思います。
ただただオリンピックで見れるだけで純粋に嬉しかったのですけど、
もっと嬉しくなりました。

フリーは最終グループに入りました。
彼の一生懸命さが呼んだものだと思います。
ステファンはそういう星の下にいるのかもしれませんが、それだけではなく、
その場で出来る限りの、心をこめて、一生懸命全身全霊で滑ることによって、
結果そのようなが呼びこまれているのだと思います。
今までもそうでしたよね。

SPの順位は私はとてもいい位置だと思っています。
でもフリーでの滑走順や他の選手は関係ないです。
それが何なのかわかりませんが、フリーでもきっと何かが呼びこまれる!と信じます。(ステラくん!!)
演技をとてもとても楽しみにしています!!
こうして待つこともとても幸せです。

まずはやはり無事にフリーを迎えられますように祈っています。

SPと同じように、
私たちも、会場でも、テレビの前でも、
ステファンとともに元気で、
ステファンとともに滑りの心を感じ、
ステファンとともに幸せに楽しめますように!!!

日本から応援しています!!!

アレ~~~!!!ステファン!!!
Good good luck!!!

アレ~~~!!!ステファン!!!

私たちも、会場でも、テレビの前でも、
ステファンとともに元気で、
ステファンとともに滑りの心を感じ、
ステファンとともに幸せに楽しめますように!!!

日本から応援しています!!!

アレ~~~!!!ステファン!!!
Good good luck!!!

やっぱり、オリンピック!!

オリンピックが開幕!!
やっぱり、五つの輪、五輪を見ると、わくわくどきどきして、
なんとも言えない気持ちになる。
やっぱり、オリンピック!!
参加した選手たちは尚更なんだろうなあ~~と感慨深くなる。

ステファンの旗手、楽しそうで、幸せそうで、素敵な笑顔で、良かったですね~~
かわいかった~~(←すみません、やられています)
そんな姿を見て、このオリンピックに出ると決意し、努力し、決意通り参加したことを、
心からよかったと思いました(泣)
彼が幸せそうだと、私たちファンも幸せです。

いやいや、まだこれからが本番ですが、
元気でリンクに立つこと、またこのような気持ちになれることを、祈るばかりです。
このような素敵な経験も全部ひっくるめて、
やっぱりオリンピック!!の見えない力が、
ステファンに何かを与えたでしょうか。

今まで彼が目標にしてきたこと、目指してきたことが見れる!、また素敵な演技が見れる!と嬉しくて、
とてもとても楽しみですが、
この笑顔を見て、試合ではもうもうステファンのその時の心の滑りを感じることができたら、と、
うまく書けないですが、なんとも不思議な空間にいる気持ちになりました。

さきほど、ジャンプで金メダル第1号が、スイスのアマン選手!!
やりましたね~、おめでとう!!(拍手)
これはこれは、昨日の旗手に続き、いい感じのスタートです。
(もちろん日本選手も応援していたので残念ですが、次のラージ個人、団体があります!頑張れ!!!)
アマン選手は、自分を、試合をコントロールしたとの解説。
オリンピックで金メダル取るってこういうことなんだなあ、と思いました。
その会場を支配したものが勝つと、スピードスケートの解説にもありました。
やっぱり、オリンピックだなあ~と、ここでも実感。

あと数日ですが、元気で、素敵な時間を過ごしている姿が見れますように。。。
バンクーバーでの日々を、
Good good luck、ステファン!!
アレ~~~~~、ステファン!!!

01 | 2010/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Author:てんびん座

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。