スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスリートとしてのオリンピック

バンクーバー、
やはりオリンピックはショーではない、
勝負なのだ、真剣勝負なのだ、、と実感し、そう思うと、
ほろ苦いものになってしまったかもしれない。
確かに私も勝負だけを見ると、とても悔しいし、
ステファン本人の悔しさもどのようなものかと思うとたまらなくなる。

でも、怪我が治らないまま、怪我をおして、努力してここまで来たあなたに
最高の賛辞を送りたいと思う。

しかも、4回転を2回跳んだのは、必要とはいえ、
なかなかできるものではないのだ。
途中のステップでも、笑顔を、笑顔を、願っていたが、
緊張感の中、2回のジャンプはどれだけの体力を奪うものか・・・

決してそんなに悪くはなかったのに、
ステファンのアスリート魂は許さなかったの?
そんな自分の演技が許せないステファンに、
何も言えないのだけど、

ここまで、自分の、そして周りのスタッフの努力、
ファンたちの応援、すべて
ここまで来れたこと、本当に素晴らしいこと。

芸術性も、この4年間、ステファンを始め男子スケーターが磨いてきたこと、
ステファンの功績は他の選手とともにとても大きいと思っている。

オリンピックでのアスリートとしてのステファンは、やっぱり真剣で素敵だった。

そんな一生懸命な姿を見せてくれて、本当にありがとう。。。
ごくろうさま、とねぎらうことしかできないけど、
やっぱりステファンのファンでよかった。。。

エキシビションでは思う存分ショーでの表現者ステファンになって
自由に、のびやかに、滑る姿を楽しみにしています!!

いつまでも、いつも応援しています!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てんびん座

Author:てんびん座

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。