スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウムではなく・・・

(連続のupですみませ~ん)

月曜日、インコをはじめ色々な鳥たちが温室で飼われている園に遊びに行ってきました。

ステファンには全く関係ないのだけど、関係あることにしておこうか(こじつけ!、笑)
オウムもいたことはいたのですが、
オウムの親戚のインコ(!)のほうが、色合いがよかった(何の色合いがよかったって?、笑)
そして、そこは、昨年COI静岡の行われた会場の近くであること(笑!)

リロは大喜び!!



コガネメキシコインコです
(この顔、かわいくないですか?気に入ってます、笑)
リロの腕に、1羽・・・
pic_0900.jpg

2羽・・・            4羽・・・            6羽!!!     
pic_0913.jpg  pic_0914.jpg  pic_0916.jpg


おとうさんの帽子の上に   アップ(エサを手いや足に持って食べてる)
pic_0933.jpg    pic_0937.jpg


きれいなオオハナインコ  オオハシくん(オニオオハシ)  クジャクも
pic_0904.jpg  pic_0930.jpg   pic_0905.jpg


今度は腕にフクロウだ「マーティーより重いよ~」
pic_0929.jpg


温室の園内にはたくさんのスイレンが美しい
pic_0931.jpg  pic_0932.jpg


帰りには、近くのお寺(法多山)に寄り、名物お土産のおだんごを!!
pic_0942.jpg

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[オウム]について

オウムオウム鸚鵡。オウム目の鳥類|鳥のこと。基本的にインコと同じ足をしており、冠羽を持った鳥のことを指す。(''Om'',''Aum'')ヒンドゥー教や後期仏教などで用いられる聖なる言葉。「ॐ」、「唵」(おん)とも書く。オーム (聖音)を参照のこと。また「阿吽(

コガネメキシコインコについて-バードウォッチング-鳥侍屋

コガネメキシコインココガネメキシコインコ  生物の分類|分類界: 動物|動物界 Animalia門: 脊索動物|脊索動物門 Chordates亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 Vertebrata綱: 鳥類|鳥綱 目: オウム目 科: オウム科 属: ''Aratinga''種 (生物)

comment

管理者にだけ表示を許可する

きゃ~~かわいいですね☆色が鮮やか!
実際に手に乗せられるなんていいですね。(重そう…)
鳥はつつかれそうで私は苦手なんですが、つついたりしませんよね??
スイレン科(?)かどうか知りませんが、大昔に長崎で大きなハスの葉に3歳くらいの子どもが乗っているのを見て、それを思い出しました~。
自然に触れるのは私も大好きなんですが、特に小動物は見ていてあきませんよね。(ウサギとかカメとか、は触れます^^;)

えっちゃんママさん、おはようございます~
いつもコメントありがとうございます(^^)
実際私は手に乗せてない(笑、私も少々苦手です;)ので、よくわからないのですが、インコは軽いけどフクロウは重いみたいです。次回はオオハシくんを乗せると張り切るリロです。オオハシくんは口ばしが大きいので私はコワい気がしますが、園内の鳥はよく管理(しつけ?)されていてえさ以外はつつかないみたいです。フラミンゴもそのへん平気で歩いているし、みなとても人間に慣れています。最近野鳥とかはちょっとコワい(例の病気で)のですが、温室内なら安心と思って行きました。意外に混んでいて来る人たちはあまりそういうことは気にしていないのかなーと思いました。でも野外園から入る時は靴裏を消毒するようになっていました。
あ、パンフレットには大きな葉の上に赤ちゃんが乗っている写真ありました。
しかし、(オウムじゃないけど)インコの色合いは派手ですねー あの衣装はやっぱり派手です。本人も言うようにすごくインパクトがあります。(+あの模様ですから、インパクトありすぎ!)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てんびん座

Author:てんびん座

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。